悪化を防いで精神不安定を改善【諦めなければ道は開かれる】

女性

人間は感情で生きる動物

看護師

人間なら誰でも精神不安定になることはあります。精神不安定を解消するには原因を突き止めることが大切です。ストレスが原因である場合が多いので、リラクゼーションの方法を身につけると楽になります。

詳しくはコチラ

心のバランスが乱れる病気

楽しい

ストレスなどが原因で精神不安定な症状を訴える人は少なくないです。難しい症状でもあるので、本人の性格を疑われたりすることもあり、理解しづらいことも多々あります。症状を抑えていくには専門病院で治療をしていくことが大切です。

詳しくはコチラ

精神が関連した症状

悩み

精神不安定の原因として増えているのが、様々な人格障害です。このような人格障害がある場合には、精神科や心療内科で継続的な治療が行なわれます。精神不安定の症状はまれにホルモンの異常などが関係していることがあるのです。

詳しくはコチラ

混乱の日々と工夫

治療薬

小さいころから感情の起伏が激しかった私は、精神不安定が激しくなり、病院に行くとうつ病と診断されました。投薬治療とカウンセリングを重ね、自分で感情をコントロールする訓練を積むことで、時間をかけて感情の波を小さく出来ました。

詳しくはコチラ

情緒不安定な気持ちの整理

サプリメント

精神不安定に陥る原因としては、過労や睡眠不足、病気や急激な環境の変化などがあると言われています。他にもホルモンバランスの乱れなどの影響も受けるために、とくに女性は月経や妊娠、出産などでホルモンが乱れがちになるために、情緒不安定になることも多くみられる傾向があるようです。そんな精神不安定な状態は基本的には一時的なことで、その多くはすぐに改善されることが一般的です。しかし中には強い不安がいつまでも続き、イライラ感や恐怖感、緊張感とともに発汗や動悸、頭痛や不眠、下痢やめまい、震えや肩こりといった症状が出ることもあります。こうなると不安障害と呼ばれる病気である可能性が高くなり、さらに不安障害の場合はうつ病を併発したり、もしくは将来的にうつ病を発症しやすくなる可能性がありますし、中にはアルコールで気分を紛らわそうとして、アルコール依存症に陥るリスクなどもあります。ちなみに長期間不安が続き、日常生活にも支障の出る全般性不安障害という病気は患者数もかなり多く存在しており、パニック障害の患者数よりも3倍から4倍ほど存在しているとされています。また医療機関を受診した際には、一般的な内科検査では異常が見られない状態だと不安神経症だと診断されます。

悪化して病気にならないためにも精神不安定を改善するためには、まずは不安を解消させるようにすると良いでしょう。まずは精神不安定さそのものを認め、日記やブログなど、とにかく文字として書き記すようにしてみましょう。そうすると気持ちの整理ができて客観的に物事を判断することができるようになることもあります。また好きな音楽を聞いたりアロマの好きな香りなどに包まれ、さらに入浴も湯船にゆったり浸かるなどしてリラックスできる時間を作りましょう。またヨガや瞑想などを日常に取り入れてみるのも良さそうです。他にもとにかく趣味を追求して充実させたり、スポーツなどで体を動かすのも効果があると言われていますし、朝型の規則正しい生活リズムにして、睡眠もたっぷりとるようにしましょう。しかしそういった日常的に実行できるすべての方法を実行したとしても、まだ不安が消えないこともあります。そういった時には、無理をせずに医療機関の精神科や心療内科を受診して、医師やカウンセラーに相談するようにしましょう。たとえ特別な治療や薬などを使用しなかったとしても、医師やカウンセラーに話を聞いてもらうだけでも、心が軽くなって症状が緩和することもあります。

Copyright©2015 悪化を防いで精神不安定を改善【諦めなければ道は開かれる】 All Rights Reserved.